>

お金うんちく辞典

キャッシングで保険がきかない治療を

私の悩みというのは、自分の家系が薄毛ということです。
正直に言うと、薄毛どころじゃなく、父も祖父も頭髪はなくツルッツルですし、
8歳上の兄もあきらめ気味になっています。

私はこんな家系に生まれてよく頑張っている方ですが、
とうとう前兆が現れました。時間の問題でしょう。
何とかしなければ、結婚前に兄や父のようにツルッツルになってしまいます。
そうなると彼女を作ることすら難しいだろうという気がして、
目の前が真っ暗になってしまいました。

そんな時に専門医によるハゲ治療がかなり効果的だという話をネットで見ました。
今までだって無理して高いシャンプーや育毛剤は使っていましたが、
それでも効果がないので今こうして悩んでいるのです。
なんとかその治療を受けたいと思いました。

薄毛治療はお金がかかる

しかしこの治療は保険外治療を受けることになります。
月に一回の受診でだいたい3万円から4万円になります。
前の会社をリストラにあい、まだ給料も安定していません。
クレジットカードも使えるようですが、その病院にかかっていることが利用の履歴に残ってしまいます。

それが悪いとは思いませんが、なんとなく躊躇してしまいます。
医療ローンもあるようですが、早めに結果が出るかもしれませんし、人より遅いかもしれません。
これはキャッシングをしたほうがいいのではないかと思いました。

金融業者のキャッシングであれば、
与えられたキャッシング枠の範囲で出し入れ出来る利点があります。
必要なときに必要な分だけ借りて、返済してゆけばいいのです。
治療がある程度終われば、今まで行ったキャッシングを返済してゆけばいいのです。

早めに治療を始めたほうが・・・

それに1年も経てば、今の会社での私の給与も安定しているでしょう。
ハゲの治療のためだけに使うものとして、
キャッシングの枠だけでも作っておくことは有効な手段だと考えました。
お金が無いからと後回しにしていると、状況はさらに悪くなるとも考えられます。

それにキャッシングであれば「何のために借りたのか」なんて、
人に知られることは絶対にありません。
キャッシングは怖いという話も聞いたことがありますが、
私はもともと計画的な人間だと自負しています。
貯金もあったのですが、リストラで使い果たしてしまいました。
ただその貯金がなければたちまち困っていたでしょう。

キャッシングをしたとしても、きちんと返済して行ける自信があります。
思い切って決断し、今、治療を続けています。経過は良好です。