>

お金うんちく辞典

調子に乗ってお金を月初に使ってしまいキャッシングを利用しました

私は20代の女子です。現在、会社員として働いているのですが少々お金の使い方がルーズなところが有り、それで毎月ギリギリの生活をしています。
給料は前月の末日に出るのですが、その時は気が大きくなって高いお洋服を買ったり友達と食事に行ったりしてお金は飛んでいく一方で、当月の末日ぐらいになると食費がないという事もしょっちゅうあって当然貯金も全然ありません。

それでも、仕事はそれなりにきちんとやっていて残業もそれなりにこなしているおかげで何とかやり過ごしていました。でも、ある時に友人の結婚式に着るドレスにピッタリな限定バッグを見つけてどうしても欲しくなってしまったのです。
もうすでに給料の大半を使ってしまい、ほとんど食費がない状態に追い込まれていたのにも関わらずですから、今考えたら愚かとしか言い様がありません。
自分では決められず、別の友人に相談したところキャッシングを利用したらどうかと勧められました。

泥沼にはまるのではと不安ながらもどうしようもなく

キャッシングと名前はカッコイイですが所詮は借金です。お金を使うのは好きですが、借金をするのは害虫よりも嫌いな私、そういうものに手を出したら最後、泥沼にハマるかも何といっても自分の信念を曲げてしまうということで迷いに迷ったのですが、その限定バッグの魅力にどうしても勝てずとうとうキャッシングの契約をしてしまいました。

キャッシングの契約自体はスマホで行い、生活をいつもよりも厳しいくらいにして切り詰めたおかげでお金の返済は無事に完済することは出来ました。しかし、それに至るまでは苦労の連続でした。キャッシングをしているという精神的負担は予想以上に大きく、何をするにしても常にキャッシングの返済の事ばかり頭に浮かんでくるせいで仕事も手につかず上司に注意される始末。何より生活を切り詰めているという事がここまでストレスになるとは思ってもいなかったので、折角の限定バッグが目の前にあっても嬉しくない毎日が続きました。しかし、このキャッシングのおかげで助かったのも紛れもない事実ですから、やはりお金は計画的に使わなくてはいけないと痛感しました。