>

お金うんちく辞典

保険をかけるのは損?

善悪

収入と普段の生活費管理は常に行っていて貯金をしても 突然の事故というものは人生に1度か2度訪れてしまう こともあります。 そういった突然の災難に対してどう考えるかというのは 人生において課題の一つかと思います。

災害に関してはどうがんばっても人間一人や二人の力ではなくすことは できません。しかし、それを乗り越えることはできます。

入るべき保険はあるのか

リスクが大きい順に保険に入る。
無駄な保険は入らないというのが ベストでしょうがその人の立場によっても入るべきもの入らなくていいものが出てくるかと思います。

よく保険のスペシャリストやファイナンシャルプランナーがこの保険は無駄なのでコスト削減のためにまとめましょうといいますが 実際問題はその保険を使う時になってみないとそれが良いサービスなのかどうかは わからないものだと思います。 勿論スペックや基本のサービスが保険はとてもわかりずらい商品ですので FPなどの専門家の意見はとても貴重だと思います。

ただ言いたいのは、保険は営利目的の企業がが行っているサービスですから 変な話、掛け捨てでその会社がつぶれてしまったら元もこうもないという ことになります。

では保険をかけるのは損なのか?

そんなことはないかと思います。
例えばご家族をもつ御主人であれば、生命保険、がん保険等に入っていなかったというだけで
ご自身に何かあった時や最悪の場合命を落としてしまった時など家族に悲しい思い、さらには お金の問題を残してしまうことになりかねません。 住宅ローンを組む時も保険に入るのが一般的ですね。 文化的にもなってきている火災保険、さらには最近ですと地震に対する恐怖もありますのでこういった 保険は必須かと思います。

他にも入ろうと思えばたくさんあるとは思いますが
これに関してはあまり神経質になりすぎないことが重要だとおもいます。
お金の余裕がある人は入る。余裕がない人は必須と思われるものだけ入る。
これがいいのではないでしょうか。

持論ですが、損得勘定で節約するのはよくないのが保険なのではないかと 思います。(何かあった時に大きなお金がおりるわけですから) その何かあった時に元もこうもないだろという商品だけ避けて保険を選べば それは万事OKではないかと思います。