>

お金うんちく辞典

金融機関によるキャッシングサービスの差

キャッシング、あるいはカードローンは
現金を直接借り入れることが出来る金融サービスです。
利用に際しては、金融機関による身分確認及び収入安定性などの
審査を受けた後、審査に通過できた人のみ利用できるようになります。

キャッシングやカードローンは利用方法は各社ほぼ一緒です。
コンビニエンスストアや銀行などに設置されているATMで
カードを利用して、借り入れや返済を行います。

それぞれで違いがあるポイントは?

金融機関ごとに差があるのは、
審査基準、金利、融資限度額、契約期間、返済方法になります。

審査基準は融資限度額に比例して厳格になる傾向にあります。
高額融資を行う銀行などでは、収入証明や勤続年数などを比較的厳格に審査します。
消費者金融は初回の融資額が低い代わりに、収入証明書の提出を求めないことが多いです。

金利は金融機関がターゲットとしている顧客層に応じて変わります。
高所得者向けに高額融資を行う銀行などでは、低金利で融資しています。
低所得者むけにサービスを行う消費者金融などでは、金利も比較的高いものとなっています。
融資限度額も高所得者向けの方が大きくなります。

契約期間は各社様々で、1年契約自動更新のものや、
契約期限の定めのないものなどもあります。

返済方法は、一括返済、残高スライド方式と、
定額リボルビング方式のいずれか一方、あるいは利用者による選択式になります。

ATM手数料は各社有料化の方向にあり、1回の利用で100円~200円程度徴収されます。