>

お金うんちく辞典

クレジットカード不正利用の犯人を捕まえろ

クレジットカードというのは非常に利便性の高いものです。
スーパーマーケットなどでは、サインをしなくても利用をすることが出来ますし、
ATMを使えばキャッシングをすることも出来ます。
しかしその利便性の高さというのは、危うさも秘めているもの。
最近、クレジットカード不正利用というのが増えております。

磁気情報を盗み取るスキミング

では、クレジットカード不正利用というのはどのような手口があるのでしょうか。
もっとも一般的な手口は、スキミングを使ったクレジットカード不正利用です。

まずは、クレジットカードの磁気情報を盗み取ります。
盗み取る方法は、お店の店員がグルとなり、本来のスキャン口とは
別のスキャン口を使い、情報を盗み取るという手口です。
盗み取った情報を、偽造したクレジットカードにコピーして、
それでクレジットカード不正利用をするというものです。

目の前でスキャンしないなら怪しい

では、クレジットカード不正利用の犯人はどのように特定するのでしょうか。
まずは、情報を盗み取った犯人です。
カードをスキャンする際に、おかしなしぐさを見せたり、
店の奥で操作をするような人であれば、あやしいと思ってください。
最近では、客の目の前でスキャンするのが当たり前となっておりますので。

そしてもう一人、実際にクレジットカード不正利用をした犯人です。
カード会社によっては、普段購買パターンと異なる購買行動をした場合、
持ち主やそのお店に電話が行くことがあります。
その際、持ち主がそのお店に行っていないことが証明されれば、
仮に不正利用されたとしても補償されますし、犯人も捕まりやすくなります。